FC2ブログ

そよかぜ流浪人

風の行くまま 気の向くまま マビ&リアルライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【リアル】田舎っこで小動物なレスター

13日に無事4日間の学習合宿を終えて下山してきたレスターです。
といっても、地元の山の上のホテルなので、ホームシックどころかテンション上がってました(笑)
ま、きつかったですがね…

20080815235537

山の上は霧で真っ白でした。(でもよく考えると霧じゃなくて雲の中だった。)
↑朝の短い時間だけ晴れて雲海が出来ました!
ふもとは猛暑だったそうですがこちらはエアコン要らずで快適でした。





合宿が終わった翌日、クラスメイト数人で文化祭の出店について会議をしました。
会議が終わった後友達から、

「学習合宿の時友達が『(レスター)ちゃんかわいい』って言ってたよ?」

と言われ、「えぇえΣ( Д ;)」とビックリ。
まさかテンションがおかしくてからだをユラユラさせたりピク○ンのうたとか歌ってたのが変に見られたのかな…?――とおバカな記憶が脳裏をよぎりました。
その子の話は続き、

「なんかねぇ、小動物ぽいって。モルモットとか。

も……



モルモット
…モルモット…!!
説明しよう!
モルモットは、テンジクネズミ属の一種であり、学名はCavia porcellus。 モルモットの元となった種は、ナナテンジクネズミとも呼ばれる種であるが、その野生種はすでに絶滅している。

頭が大きくずんぐりとした、ブタのような体つきをしているため、英語では西アフリカのギニアのブタを意味する「ギニーピッグ」(ギニアピッグ、Guinea pig )と呼ばれている。この名前の由来については、テンジクネズミの肉の味が豚肉に似ているためという説もある。また、この動物はギニアには分布しない。ギニアという言葉の由来として、イギリスに初めてこの動物が持ち込まれたとき、持ち込んだ船がアフリカ経由の船であり、当時のヨーロッパ人にとってギニアとは漠然とアフリカを表す言葉であったためにこの名が付けられた、とする説がある。別の説では、テンジクネズミの原産地である南米のギアナ“Guiana”の転訛として、この語の由来を説明する。……(以下略。wiki参照。)


とまぁカピバラさんを小さくしたような、ずんぐりむっくりした体系をしています。
確かにずんぐりしているのは似ていr…(ォィ
甘えたいときやご飯が欲しい時は「キュイィ」と鳴きます。
Youtubeやニコ動なんかで検索すると幸せになれます。
動画見てたらあまりの可愛さに飼いたくなりました。そんぐらい可愛いです。

しかし……この可愛いモルモットがイコール自分でいいのか分かりません。。。
猫っぽいと認知されている方、決して僕を見ても爪を立てて襲ってこないように。
モルモットは怒ると「キィーキィー」と鳴いて前歯を出して威嚇するそうです。ご注意を。

それでは、夏休み終了まで残り僅かですが、
明日もよい1日を。
スポンサーサイト
リアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鏡の魔女に会ってきたinスカマビ | HOME | 微風たちの祝賀>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。